逃避行 その②

そんな訳で最近気づいた事がありました。
デカブタは生き急いでいる割には、どうやら他の人に比べて時間の流れが遅いみたいです。
他の人の1週間が、デカブ時間では一昨日くらいのキモチです。
1年~2年前はついこの間です。


さてさて北海道・逃避行物語の続きです。
皆さん、生き急いではいけません。
ノンビリノンビリです。

a0032820_20561792.jpg

こんな感じで釧路から摩周湖まで車で移動。
雪が積もってタイヤがツルツル滑るのかと思いきや、路面はやや乾燥気味。
暖冬効果を実感です。

東京で、『冬の北海道をナメんなよっ!』と諭す私をバカにした相方の、
『だから言ったでしょ』と言わんばかりの顔に、デカブ悔しさを隠せません。


a0032820_20581231.jpg

まずは鶴居にてタンチョウ見学。
『越冬中のタンチョウを見る』
今回の旅行、2番目のテーマにしょっぱちから遭遇です。


ところがどっこいワラワラ居過ぎ。
やや有り難味みに欠けました・・・。
そして細過ぎる脚に驚愕です。


a0032820_2151945.jpg

見上げるとソコに、空飛ぶタンチョウ在り。


a0032820_215539.jpg

空想の中では『鶴はイッパイいないと嫌なんだっ!』なんて欲張り根性出してたデカブタですが、、
居過ぎもどうかと思われます・・・(* ̄□ ̄*;

端の方でひっそり佇む夫婦のタンチョウ。
浮世離れしていてステキです。


a0032820_2172688.jpg

そしてそのタンチョウを狙うカメラマンあり!
みんな装備が本格的で、むしろ鶴よりもモコモコカメラマンを沢山見られて感動でした。


a0032820_2193332.jpg

ま、そんなこんなで夕暮れの阿寒湖にいざ行かん!
と思いきや地吹雪で通行止め。
ありゃりゃ~。北海道は思い通りにゆきません。


a0032820_21225910.jpg

こんな原生林の中にあるお宿に泊まった翌朝、


a0032820_21125570.jpg

テントを張るバイカーを見ました。
「そんな人おるんですかね~」なんてお宿の主人と話していたデカブ。

ここにおりました。
熊みたいな人でした。


a0032820_2125317.jpg

白鳥も飛来します!
普段は動物の寄ってこないデカブタですが、
今日は餌のパンの耳を持ってます。
大人気。


a0032820_212607.jpg

優雅に泳ぐ白鳥も、


a0032820_21491456.jpg

あらわな姿で泳ぎます。
[PR]
by tonsocktonsock | 2007-04-02 19:34 | おでかけ
<< 逃避行 その③ 春が来ました! >>